Project activity

グローバルな学力を育むプロジェクト。

思考力や表現力を身につけ、それらを活用するために重要になるのが実体験から学び経験を積むこと。山梨学院中学校では、教科の学習と並行して、学びの大きな柱となる「プロジェクト」という自主学習への取り組みを積極的に行っています。縦割りのチームで取り組む「チームプロジェクト」では、チームワークの重要性やチームで動くために個人個人が何をすべきかを学習プロセスの中で学んでいきます。個人での研究となる「パーソナルプロジェクト」は、中学時代の自主学習の集大成ともいえるものです。
研究テーマを決めるのも自分です。小さいころから好きだったもの、授業で触れたことで関心がわいてきたものなど、「もっと詳しく知りたいな」という好奇心の芽をグングンと伸ばし、花を咲かせ実をつけるのです。そのプロセスに、これからの学び方のヒントがあるのです。

Project activityの主な取り組み

■チームプロジェクト

「オータムプロジェクト」を全学的なイベントとして開催します。数名〜十数名のグループに分かれて課題を探究し、活動の成果を発表します。チームでの役割分担や協働作業を通して、仲間と研究を進める楽しさを知るとともに、チームワークでは何が求められ、どんなことをしなければならないかを、体験から学びます。

■ パーソナルプロジェクト

個人の関心に沿ってテーマを選定し、そのテーマについて調査・研究を重ね、論文としてまとめていくのがパーソナルプロジェクトです。毎年1年間かけて、文献を探したり、実験・観察をしてその結果をまとめたりしながら、最終的な成果として論文の形にしていきます。更に、それらをプレゼンテーションの形にまとめ、クラス発表、学年発表を経て、年度末には代表者による全校発表が行われます。

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All rights reserved.